アンドロイド関連ニュース

高城剛がDJ逮捕劇の内幕を暴露!!? 有名人のメルマガブームの舞台裏

ハイパーメディアクリエイターの高城剛氏が、自身の有料メールマガジン「高城未来研究所」の1月6日発行号を著作権フリーで公開した。同号では、昨年末に報道された音楽プロデューサー、DJとして知られる大沢伸一氏の逮捕や、続発しているクラブの摘発と風営法の関係などについて触れており、
「(大沢氏が)企業舎弟同然の人たちとガッチリ仕事をしていたのは明白」
「6年ほど前に東京でクラブ営業への風当たりが強くなった当時、僕は都庁のそれなりの高官を連れて、(クラブ文化を理解してもらうために)渋谷の世界的に有名なクラブに行った」

といった衝撃的な内容がニュースサイトやソーシャルメディアで話題となっている。転載フリーで公開した最大の目的は、メルマガ読者を増やす宣伝戦略と思われるが、一定の効果はあったといえるだろう。

芸能人や有名人のネット活用法というと、宣伝目的としてブログやツイッターなどを利用するのが主流だったが、ここ最近は有料メルマガを創刊する有名人が急増している。

メルマガ大手「まぐまぐ!」では、前述の高城氏をはじめ、上杉隆氏、津田大介氏、東国原英夫氏、元読売テレビ解説委員長の辛坊治郎氏、国会議員の丸山和也氏、河野太郎氏らがメルマガを発行。芸能人では、松尾スズキ氏、安岡力也氏、演出家の喰始氏、元アナウンサーの有賀さつきさんらが発行している。

まさに有名人のメルマガブームといった状況だが、ここにきてメルマガ発行にシフトした人々が増加した理由は何なのか。

最も大きな理由としては、メルマガは定期収益を上げられるという点。基本的にメルマガは、月額210円~840円程度で販売されている。月額840円のメルマガに1000人の読者がいたとすれば、それだけで月の売上は84万円になる。一般人には難しい数字ではあるが、それなりのネームバリューのある人物であれば達成可能だ。携帯の公式サイトの月額制と同じく、一度登録すると解約されにくいという点も売上の増加につながっている。

最大の成功例といわれる収監中の元ライブドア社長・堀江貴文氏のメルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」は、購読者数が1万人超、月の売上は500万円以上で累計売上は1億円を突破している。知名度がものを言うメルマガは、有名人にとって収入に結び付けやすく、ブログやツイッターで盛んにメルマガの宣伝をしている発行者も多数見受けられる。

日本のネット社会は「情報は無料で得るもの」という固定観念があり、新聞社をはじめとしたニュースサイトもほとんどが無料。無料ニュースサイトはスポンサー収入で運営されているが、広告収入を得にくい個人の情報発信は、なおさら収入には結び付きにくかった。
無料で情報発信するという行為は一見美徳のようにとられがちだが、ほとんどが短命になるか質が低下する。そういったジレンマを解消する一つの策として、有料メルマガが脚光を浴びているといえるだろう。(佐藤勇馬)

画像引用元:
まぐまぐ! http://www.mag2.com/

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト