アンドロイド関連ニュース

spモード障害に続き「脱Googleアカウント」を唱え始めたドコモの迷走

ドコモの「spモード」が揺れている。昨年12月20日のspモードのメールアドレスがシャッフルされるという事件に続き、年明け1日夜にも通信障害により、メールが届いていないのに不着のメッセージが送られていないというトラブルが発生した。いったいspモードやドコモに何が起きているのか。

spモードでは、メールアドレスと端末のIPアドレスによって個々を識別している。メールアドレスがシャッフルされた事件では、本来1つの携帯電話に1つずつ割り当てられるはずのIPアドレスが、アクセスの集中によって、2つの携帯電話に同じIPアドレスが振り分けられてしまったため起きた問題だという。

本来メールはIDやパスワードによって個々を識別しているが、spモードではそれが簡略化されており、そのシステムの仕組み自体が不十分だ、という声もあがっている。従来のiモードと同じようにパスワードがなくても認証されるというシステムをスマートフォンにそのまま持ってきてしまっているのだ。「サーバーの処理能力が高ければ不具合は発生しなかった」(辻村清行副社長)と会見では言っていたが、「抜本的な対策を取らない限り、このようなトラブルは今後も続くのではないか」という専門家の指摘もある。そして、事実2週間もたたずに再び通信障害が起きているのだ。

辻村氏は、ウィルスやマルウェアなどが蔓延しているAndroidのセキュリティ面の強化として「Googleアカウントを使わずにドコモのサービスを使うという対策も考えられる」と語っているが、ハッキリ言ってドコモの管理の方が不安だ。もっとも、これは「Googleアカウントを忘れてしまうとショップでもサポートできない」という流れを受けての発言なので真意は別のところにあるのだが、「料金が高く、通信品質もボロボロ」という看過できないspモードの現状は悲惨のひと言に尽きる。

昨年から続くトラブルの連続により、このままではユーザーの流出にもつながりかねない事態のドコモ。今年はiPhoneの投入も噂されているほか、LTE通信網のXi(クロッシィ)のエリアの拡充など、auやソフトバンクを再び突き放せるチャンスもあるが、肝心の通信がこのような有り様では、その期待も消えかねない。”殿様商売”と揶揄されてきたドコモにとって、2012年が試練の年となることは間違いなさそうだ。(岡嶋佑介)

参考リンク:

ドコモ「Googleアカウントを忘れる奴の為に、Googleサービスを使わずにドコモ類似サービスのみを利用するAndroidスマートフォンを検討している」 http://androidken.blog119.fc2.com/blog-entry-1134.html

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト