アンドロイド関連ニュース

18禁コスプレイベント「コスホリック04」に行ってきた!!!

オタクの祭典・コミックマーケット開催中の昨年12月30日。東京・汐留でセクシーコスプレ系即売会「コスホリック04」が開催された。

「コスホリック」は、コスプレイヤーが制作した自身のコスプレDVDやデジタル写真集の販売をメインにしたイベントであり、今回から18歳未満入場禁止の成人向けイベントになった。コスプレ作品はコミケでも販売されているが、過激すぎる作品やセクシー過ぎるコスプレはコミケの規定で禁止されている。このイベントは、過激な成人向け作品も堂々と売れる「裏コミケ」であり、ヌードや男性とのカラミといったAV顔負けの作品まで販売されている。

会場には、作品を制作しているコスプレイヤーたちが売り子やモデルとして集結しているが、こちらもスゴイ!胸やお尻が見えそうなセクシー衣装は当たり前、TバックやTフロント、ふんどし姿の女性コスプレイヤーまでが会場内を歩き回っている光景は圧巻だ。

セクシー女優・晶エリーとしても知られる写真家・照沼ファリーザさんや、コスプレイヤーからグラビア進出を果たした「うしじまいい肉」さんも登場し、異様な盛り上がりとなった。

ここからは、美人レイヤーたちの艶姿をどうぞ。

コスプレイベント初参戦の照沼ファリーザさんは、ニトロプラスのイメージキャラクター「すーぱーそに子」で登場!ギャグボールがエロ過ぎる!!

全体的にレイヤーのレベルが高く、顔はもちろんスタイルも抜群。アニメキャラ特有の過激衣装もバッチリ着こなしていた。目の保養のために来るだけでも価値があるかも!?
「けいおん!」の平沢唯、「TIGER & BUNNY」のブルーローズ、ボーカロイド・初音ミク、「機動戦士ガンダム カードビルダー」の秘書・キャシーなど定番からマニアックなものまで登場。


コミケは巨大化したがゆえに、風当たりを気にして自主規制を強めなければならないというジレンマを抱えている。自由な創作ができなくなれば、文化として後退していく危険性もある。「コスホリック」の自由な雰囲気と活況ぶりは、これからのコミケが進む新たな方向性を見せてくれているような気がする。(佐藤勇馬)

参考リンク:

デジタル系即売会コスホリック公式ページ http://cosholic.jp/

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト