アンドロイド関連ニュース

「Androidアプリ10円セール」のウラ事情 Googleの狙いは!!?

昨日からAndroidマーケットで10円セールが始まった。これはアンドロイドマーケットの100億回ダウンロード突破を記念したもので、毎日、日替わりで10本のアプリを10円で購入できる。本日はホーム画面をカスタマイズする「Beautiful Widgets」、星空を楽しめる「星座表」、大人気ゲーム「Fruit Ninja」などがラインナップされている。
ネットには急いで購入すべきという声も多く、すべて購入したとしても損はないだろう。英語版のアプリでも、後日バージョンアップされ日本語に対応する可能性もある。今回のセールに関し、ネット上ではユーザーたちの興奮気味のコメントが多数掲載されている。

「Google先生、本気出しすぎ」
「日替わり10円アプリ、ぽんぽん落としちゃうw」
「開発者に値引き分は支払われるのだろうか?」
「クレカ番号入れるのは嫌なのでdocomo決済にしようとしたら住所や名前の登録画面が出てきたのでやめた」
「ああ、ついにグーグル先生にカード情報を握られてしまった」

アプリの期間限定セールはゲームや電子書籍ではよく目にするが、Androidマーケット全体で実施されるのは初めてのことだ。なぜGoogleはこれほど大規模なキャンペーンに踏み切ったのだろうか?

「Androidユーザーは順調に増加しています。しかし、無料アプリだけを利用しているユーザーが多く、有料アプリを購入しているのはせいぜい30%程度とみられています。ユーザーのほとんどがクレジットカードやプリペイドカードを登録しているiTunesストアと比べると、Androidマーケットでクレジットカードを登録しているユーザーは非常に少ないのが現状です。同じアプリをAndroid、iPhoneで同時に出した場合、Android版の売り上げはiPhone版の10分の1程度にしかなりません。Googleとしてはこのタイミングで、赤字覚悟でもセールをして、クレカ登録するユーザーを増やそうという判断でしょう」(アプリ開発会社社員)

10円というのは衝撃的な価格だが、Google的には今回のセールで少しでも課金ユーザーを増やしたいという意図があるようだ。とはいえ、既にクレジット登録している人や、これから登録しようと考えていた人には思わぬチャンス。10本すべて落としても、たったの100円。ぜひこの機会に定番アプリを安く入手しておこう。どうしてもクレジットカードを登録したくない場合は、ドコモやauなどのキャリア決済も可能だが、すべてのアプリが対応しているわけではない。セール品を逃さず入手したいならクレジットカード登録をしておいたほうが無難だ。
ちなみにマーケットのトップ画面にバナー広告があるが、Xperia SO-01Bなど、OSが2.1以下の端末ではなぜか表示されない。その場合には、ブラウザからAndroidマーケットをチェックすると、セール一覧に飛ぶバナーを見つけることができる。(秋原とおる)

参照リンク:

Android マーケット(http://market.android.com/)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト