アンドロイド関連ニュース

泥沼化する「声優は顔がチープ」騒動 声優オタVSバンギャの論戦も勃発!!?

ヴィジュアル系バンド「人格ラヂオ」のボーカル・悠希(35歳)が、人気声優・堀江由衣(17歳218カ月)が表紙の声優雑誌を指差し「(声優の顔は)チープっていうか」などとブログに書き込み、声優ファンから批判を浴びて炎上騒動となった。ブログの記述は以下のようなものだった。
「声優ってほんとみんな 声優って顔してるよね なんていうかアイドルではないというか アイドルってほどではないっていうか 劣化ってわけじゃないけど チープっていうか まぁV系もやっぱりV系面だよね スッピンなんてみんな酷いもんだ 酷いっていうか薄いっていうか 何かの啓示なのかな… ほんと偏ってるよね」

職業によって声優はいかにも声優、ヴィジュアル系はいかにもヴィジュアル系という顔の人間が集まっているということを書きたかったと思われる。しかし、発言の一部が抜き出され、ネット上に拡散されたことに加え、人格ラヂオが来年1月から放送のアニメ『男子高校生の日常』(テレビ東京系)のエンディング曲を担当することが決定していたため、声優ファンから「アニメのタイアップをもらったくせに声優をバカにするとは許せない」「よりによって、ほっちゃん(堀江)をブサイク呼ばわりするとは」と批判された。

さらに、あるファンブログに書かれたライブMCの書き起こしにより、悠希が「人格ラヂオ、アニメのタイアップ取れました!『男子高校生の日常』というやつなんですけども。まあつまらない漫画なんですよ(笑)」と発言したとの情報が浮上し、さらに炎上を加速させることに。

悠希は公式ブログで謝罪し、当該のエントリを削除。この騒動の影響か、「男子高校生の日常」の公式サイトから人格ラジオのクレジットが消え、エンディング曲は未定となった。

これでも声優ファンの怒りは収まらず、巨大掲示板「2ちゃんねる」の人格ラヂオのファンスレッドは大荒れに。普段は通称バンギャと呼ばれるビジュアル系バンドの女性ファンたちが書き込みしているようだが、騒動後は「ブサイクバンド早く消えろ」「ほっちゃんの方が売れてる。誰も知らないザコバンドのくせに何言ってんだよ」などといった批判が殺到。バンギャからは「悠希かわいそう( ; ; )なんでこんなに叩くの?」「ここまでして(悠希を)叩く声オタきもい」といった擁護が書き込まれているが、声優ファンの勢いに完全に押されている形だ。

この騒動の余波を受けた『男子高校生の日常』の監督・高松信司氏は、自身のツイッターで「放送開始一ヶ月前なのにエンディング曲が未定という不測の事態。果たして放送に間に合うのか?(苦)」とツイートした。これに対し、人格ラヂオファンから「だったら何で人格ラジオを降ろしたんですか」「一度の過ちでを突き放してしまうのですか?」「怒ってるのは分かるけど、嫌味に感じるツイート」といったコメントが殺到。問題発言から端を発した騒動は、声優ファンとバンギャの対決という枠を越えて、アニメ制作者にまで飛び火している。当事者不在でファンだけが暴走する不毛な騒動は、いつ終息するのだろうか。(佐藤勇馬)

画像引用元:
人格ラジオ悠希オフィシャルブログ http://ameblo.jp/yuuki-radio/
堀江由衣オフィシャルブログ http://ameblo.jp/horieyui-blog

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト