アンドロイドアプリレビュー

これは使えると評判の睡眠解析アプリ「Sleep as Android」

朝が苦手な人は多いと思う。筆者もその一人だったりするのだけれど、目覚まし時計を3つ使っていても起きられない。そんな人のためのアプリがマーケットで公開されているという話を聞いたので早速DLして試してみた。

睡眠には深い状態と浅い状態があり、浅い状態の時に起こしてもらえれば目が醒めやすいという。「Sleep as Android」はユーザーの睡眠サイクルを解析することにより、目の醒めやすいタイミングでアラームを鳴らしてくれる目覚ましアプリだ。
Sleep as Android画面1
起動画面で起床時間を設定する。いままで使っていたアラームアプリの時間設定が自動的に読み込まれるので、新たに設定する必要がないのが楽で嬉しい。ただしアプリの性格上この設定時間にアラームが鳴るわけではない。解析によって設定時間の30分前から睡眠が浅いタイミングで鳴ることに注意してほしい。起床時間を選択したら画面下の三日月マークをタッチすればトラッキング開始。端末を枕元において後は朝まで寝るだけだ。
Sleep as Android画面2
このアプリでは睡眠の深度を端末の揺れで判断しているらしい。ようするに端末を枕元に置いて眠った場合に、寝返りをうつと端末が揺れるので、その時は眠りが浅いという理屈らしい。
Sleep as Android画面3Sleep as Android画面4
トラッキングされた眠りの様子はグラフで記録されて後から確認ができる。筆者の場合は断続的に発生する浅い眠りが、最初はそれほどでもなかったのが起床時間が近づくにつれてどんどん浅くなっていくことがわかった。また睡眠時間も、理想的な睡眠時間との差とともに記録されるので、自己管理アプリとしても使えそうだ。また、更に詳細にデータを解析したいならば専用アドオンも有料で販売されている。

マーケットのレビューを見ても、
まだ2日目だけど、結構正確にトラッキングしてくれるし、いいアプリだと思います。
このアプリのおかげでいいタイミングで起きることが出来てしんどさがなくなりましたよ。
など、高評価が目立つ。
私は重度の入眠障害なので主治医に記録を見てもらってます、無呼吸になってない?とか聞かれます。
と、かなり本格的に活用してるユーザーもいるようだ。

また、寝言やいびきの録音機能も実装されかなり充実した機能を持つ睡眠サポートアプリだと実感した。今回レビューしたのは14日間使用できる無料トライアル版だが、有料版も129円という低価格となっているので気に入ったら購入してみてほしい。(こうべみせ)

Sleep as Androidアイコン

Sleep as Android

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 Petr Nálevka

おすすめサイト