アンドロイド関連ニュース

逮捕者続出!!? 女子中高生たちはなぜネットで裸体をさらすのか

ネット掲示板にワイセツな画像を掲載したとして、21日までに男女43人が逮捕される事件が発生した。摘発した警視庁サイバー犯罪対策課によると、43人は14~45歳で、うち35人が未成年だった。自分で自分の下半身を撮影して投稿したケースもあり、未成年が自分の裸を掲示板に掲載したこともあったようだ。全員が容疑を認め、「捕まるほどじゃないと思った」などと供述している。

カメラ付き携帯が普及したことにより、近年は「エロ写メ」と呼ばれる自画撮りヌードがアダルト業界の一つのジャンルになっている。未成年にも「エロ写メ」は波及しつつあり、セーフサーチをオフにしたGoogleの画像検索に「エロ写メ+○○」と入力するだけで、女子中高生と思われる女の子たちの自画撮りヌードが大量に出てくるという事態になっている。

実際に事件も多発しており、今年8月には香川県さぬき市の女子高生(17)が、携帯で撮影した自分の局部が写った画像をネット掲示板に投稿して逮捕された。
また、自画撮りヌードをネットで販売するというケースもある。09年には千葉県の17~18歳の女子高生3人が、下半身を露出した画像を出会い系サイトで知り合った男に送信し、児童買春・ポルノ禁止法違反で書類送検された。女子高生たちは出会い系サイトに「下着売ります」などと書き込んでおり、それを見た男が「写真売ってもらえませんか?1人10万円払います」などと持ち掛けていた。女子高生たちは制服姿で下半身を露出し、顔も隠さずに笑顔で写ったワイセツ画像などを送ったが、男からの支払いはなかった。騙されたと気付いた女子高生たちは、罪になるとも知らずに警察に相談しており、全く悪びれる様子もなかったという。

男に脅されてヌード画像を送らされるケースは多いが、女子高生が自ら進んで自分たちの裸を売りものにしているというのだから恐れ入る。そもそもは児童を守るために制定された児童ポルノ禁止法が、このようなかたちで適用されるとは皮肉なものだ。

それにしても、なぜ中高生たちが自ら裸を晒すような真似をしているのか。

「自分の女性としての魅力に気付き始めた思春期の女の子が、好奇心から始めてしまう場合が多いようですね。投稿した自分のヌード画像に男性の反応が返ってくるのが面白いという、安易な自己顕示欲の発露ともいえます。金銭目的のケースでは、実際に援助交際をするとなると身の危険がありますが、ヌード画像を携帯電話でやり取りするだけなら、リスクは少ない。売春はできないけど、ブルセラやヌード販売だったら…という女子中高生は意外なほど多いです」(アダルト業界関係者)

イタズラ心からの投稿にせよ、金銭が目的にせよ、一度ネットに掲載されたヌード画像は永遠に出回ることになり、完全に消し去ることは不可能だ。ヌード撮影も販売も全て個人の携帯電話で出来てしまうのだから、周りの大人たちが止めることもできない。もし個人が特定されるようなことになれば、取り返しのつかない事態にもなるだけに、これ以上、このような愚行を犯す児童が出ないことを祈りたい。(佐藤勇馬)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト