アンドロイドアプリレビュー

世界の実情を数字で知るアプリ「ワールドカウンター」

平穏な日常を送っていると、世界で起きている様々な問題を忘れてしまいそうになる。しかし実際には環境からエネルギー、人の生死に関わる事象まで、私たちが直面している課題は多くの項目に及んでいる。

そうした世界的な問題を数字で知ろうというアプリがある。このアプリ「ワールドカウンター(World Counter)」は国連機関の公表したデータや数字から、リアルタイムに世界の実情を探求しようというアプリだ。

起動すると、すぐにデジタル表示された数値がカウントをはじめる。このアプリの扱う項目は多岐にわたる。「餓死者の数」からはじまって、「失われた森林面積」「絶滅した種の数」「CO2排出量」「砂漠化した土地面積」「平均気温の上昇量」「増加した人口」「地雷の被害者」「HIV感染者数」「石油の消費量」など、その範囲は16項目に及んでいる。

またマーケットのアプリ概要によると、項目はこれからも随時追加されるということだ。私たちが直視すべき問題は、数多く存在しているのだろう。

他に、メニューから「今日の数」「今年の数」「アプリ起動時からの数」といった3種類の数値を表示することも可能だ。筆者が「アプリ起動時からの数」に切り替えて、2分ほどの間に世界では60人が餓死し、森林面積21ヘクタールが失われ、HIV感染者は14人増えた。こうしている瞬間も、問題は地球規模で拡大している。

ユーザーからの評価は60人の平均が4.3とかなり高い。レビューにも好意的な意見が並んでいる。

「地球の自命が分かる 銀河弐式」
「Good!!」
「とても良いアプリ」
「いいと思う」
「クリック募金できるのが良い」
「データの信憑性はともかく、こういうアプリがあってもいいね」

このアプリ「ワールドカウンター」に解説は一切なく、数値表示があるだけである。しかしここに表示される数値が私たちと密接に関係していることは確かだ。普段あまり馴染みのない国際的な問題を身近に感じる材料として、このアプリを活用してもらいたい。(佐々原聡)

おすすめサイト