アンドロイドアプリレビュー

涙なしには読めない感動サウンドノベル「はやぶさ」

三才ブックス刊行「現代萌衛星図鑑」を原作としたサウンドノベルアプリ「はやぶさ」がひそかな人気だ。7年間、60億キロにわたる旅を経て地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が、人々の感動を呼んだのは記憶に新しいが、その物語を新たな視点からノベル化したのがこのアプリだ。

まずは絵柄のかわいさに目を惹かれるが、安易な萌え物と思うのは大間違い。はやぶさが……いや、彼女がどれだけの奇跡を起こし、そしてプロジェクトに関わった人たちがどんな思いで彼女の旅を支えたかを、全10章仕立てで情感タップリに表現している。

専門用語はその場でタップして確認できるから、宇宙や工学的な知識がゼロの人にも読みやすい。むしろ知識がゼロの人の方が楽しめるかもしれない。2003年に打ち上げられ、小惑星からサンプルを採取して帰ってくるという世界初の偉業を成し遂げた「はやぶさ」。60億キロにも及んだ旅は、まさに苦難の連続だった。小惑星「イトカワ」のサンプル採取後の交信断絶や、最後の大気圏突入直前に力を振り絞るように撮った、地球の写真などのエピソードは万人の心を打つはずだ。豊かな表現の文章で、サウンドも作品の世界観に非常にマッチしている。世界中の人々が見守った最期の帰還は、感動の涙なしには読むことができない。

アンドロイドマーケットのレビューには、

今になりもう一度泣かされるとは思ってなかった。 内容は文句無しの☆5

日本の技術力のたかさあきらめない心はまだまだ失われてないなーとかんどーしますよ

泣けた

といった声が並んでいる。

対応OSがAndroid OS2.3以上ということで、対応端末がやや限られるのが残念だが、忘れたころに何度でも読み直したくなる作品といえる。「はやぶさ」の奇跡に涙したい方はぜひダウンロードしてみてほしい。(岡嶋佑介)

post-23497_t

はやぶさ

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,電子書籍
価格 特別価格350円(先着2000名限定。通常価格は650円)
デベロッパ名 株式会社ハンズエイド

おすすめサイト