コラム

80年代の懐ゲーをアンドロイドで楽しもう!!!

ファミコンのレトロゲームに挑戦する人気テレビ番組「ゲームセンターCX」に触発され、懐かしいファミコンゲームで遊んでいる人も多いだろう。スマートフォンならではの最新ゲームで遊ぶのも悪くないが、昔ながらのシューティングやレースゲームも遊びたい!というのがゲーマー心理というもの。
ここではレトロゲーム好きなら気になってしまう80年代風ゲームを5本紹介。見た目は簡単そうに見えても、タッチパネル操作なのでなかなか侮れないゲームばかりだ。

まず紹介したいのが「Pacific Wings」。カプコンの名作「1942」によく似ているシューティングゲームだ。
「Pacific Wings」 「Pacific Wings」
ゲームの華である、宙返りがないのが残念だが、シンプルなゲーム性とパワーアップアイテムはそのまま。
できればステージ終了時に、空母に帰還してほしかった……と思い調べてみると、本来、ライトニングは空母に離着艦できる戦闘機ではないらしい。そういわれてみれば、この機体は空母に似つかわしくない。子どものころから見てきたあれは、ゲーム的演出だったのか……。

次に、ナムコの名作シューティングを彷彿とさせる、「Blast」。
「Blast」 「Blast」
最新のAndroid端末で、こんなクラシカルなシューティングを楽しめる。ギャラクシアン風のキャラクターだが、ゲーム内容はギャラガ風。本家と違い、アイテムを取るとパワーアップ。操作はタッチ範囲が大きめで操作しやすい。
マーケットの評価は☆4つと高く、シューティング好きなら入れておきたい一本。有料版なら、さらに上のレベルを楽しめる。

そして、なんとも異色なのが「Recon Shooter Lite」。
「Recon Shooter Lite」 「Recon Shooter Lite」
ぶっ飛んだゲームミュージックに、思わず笑ってしまった。まさかこんなゲームを最新のスマートフォンで遊ぶことになるとは……。
うれしいような、うれしくないような(笑)
「ザナック」や「エグゼドエグゼス」を彷彿とさせる味がある。荒削りでポップなグラフィックと、ぶっ飛んでいるサウンド。しばし無心になって遊んでしまった。
レトゲー好きにはぜひ試してみてほしい一本。私はつい約82円の有料版を購入してしまったが、無料版でも3面まで遊べるのでそれをクリアしてからで十分。こういうゲームはiPhoneにもフラッシュゲームにも似たものがない。こんなキワモノが存在するところが、Androidスマートフォンの魅力の一つ。

そして、次に紹介したいのが「Light Racer」。昨年、3D映画として続編が公開された「トロン」だが、もし映画を見たことがない人も、特徴的なバイクレースを思い浮かべる人は多いだろう。オリジナルの「トロン」は1982年、CG映像を初めて取り入れたSFファンタジー映画として公開され、その映像や世界観は後の作品に多大な影響をもたらした。
そのトロンレースをゲームにしたのが、この「Light Racer」だ。
「Light Racer」 「Light Racer」
ほどほどの難易度で、だれでも楽しめる。デザインも80年代風フォントを使用するこだわりぶりで、当時の雰囲気が起動した直後から感じられる。

最後に、ラジコンのように操作する2Dレースゲーム「Forbidden Brakes Lite」。「ファミリーサーキット」や「ロードファイター」などの見下ろし型レースゲームを遊んでいた人には、たまらなく懐かしい。
「Forbidden Brakes Lite」
「Forbidden Brakes Lite」
90年代に3Dレースゲームが登場すると、見下ろし型のレースゲームは市場から消えてしまったが、いま遊んでみると3Dのレースゲームとはまったく違う魅力がある。
左右ボタンをタッチする場所には指紋が表示され、操作方法もわかりやすい。簡単に遊べて、息抜きに丁度良い一本だ。
(秋原とおる)

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト