アンドロイド関連ニュース

個人ブログが人気声優のスキャンダルを暴露!!? ネットの情報発信力は芸能マスコミを超えたのか

ある個人ブログが発信しているスキャンダル情報に、声優業界が大揺れしている。そのブログは、人気女性声優ユニット「スフィア」の戸松遥、豊崎愛生、寿美菜子、高垣彩陽の情報を紹介するとうたわれているが、10月から突如、彼女たちのスキャンダル情報を掲載し始めた。スフィアは声優ファンの間で絶大な人気を誇るグループであり、7月から声優としては異例となる冠番組「スフィアクラブ」(日本テレビ系)も放送されている。

最初に掲載されたのは、人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)に出演した戸松遥と、共演者の入野自由(みゆ)の熱愛記事。都内の焼き肉店で二人が親密そうに食事をしている姿や、大型電器店でデートをする姿、戸松の自宅マンションに二人で帰る姿などを撮影した写真や動画が掲載された。

さらに、アニメ『けいおん!!』の平沢唯役などで知られる豊崎愛生の同棲疑惑を報じる記事も掲載。豊崎の自宅のポストの写真や、自宅近くでタクシーを降りた男性の写真が掲載され、その男性がミュージシャンのTom-H@ck(トム・ハック)こと大嶋文博であるとしている。Tom-H@ckは『けいおん!!』の楽曲の作・編曲などを担当していた人物。記事では、豊崎が住んでいると思われるマンションのポストの表札は「大嶋」となっており、駅から毎日タクシーを使わなければいけない不便な場所に豊崎が住んでいるのは同棲のためだとしている。

これらのスキャンダル記事が掲載されてから程なく、YouTubeに投稿されていた戸松と入野のデート現場とされる動画がソニーミュージックの申し立てにより削除された。この削除申請により、皮肉なことにブログに掲載された情報の信ぴょう性を上げることになった。

当初は行き過ぎた熱狂的ファンによるものと思われていたが、張り込みや尾行、自宅の割り出しといったプロ並みの仕事ぶりに、ネット上の声優ファンやネットニュースでは、プロの記者の仕業ではないかとの推測が出ている。さらに、ブログがスタートした理由として、スフィアの人気をやっかんだ業界関係者による妨害説などが飛び交っている。

実際、これだけの情報収集能力を見せられると、プロの記者の仕業だと勘繰りたくなるが……。

「撮影機器の小型化も進んでいますし、パパラッチ的な仕事は、時間と執念さえあれば、素人でもプロ並みの仕事をすることは可能です。プロの仕事にしては写真の写りが微妙だったり、ファンでなければ聞いていないであろうラジオ番組での発言を情報源にしたりと、完全なプロとは思えない部分も多い」(週刊誌記者)

とはいえ、一般人では知り得ないであろう情報を基に取材が進められている部分があるが、それもプロでなくとも可能なのだろうか。

「例えばジャニーズタレントのスクープを狙っている記者たちは、『ジャニオタ』と呼ばれる熱狂的なファンを情報源にしています。ジャニオタたちは、ジャニーズタレントの自宅や学校、地方での宿泊先、夜遊びのスケジュールまで把握しており、目当てのタレントがいる場所に必ず出没する。つまり、素人でもプロ以上の情報収集をすることは可能なんです」(前同)

ブログやツイッターなどの普及により、一般人がネット上で情報を発信することは珍しくなくなった。情報発信の敷居が低くなったと言えるが、これは全てのネットユーザーが容易に自分の「メディア」を持てるようになったことを意味する。サッカー選手やタレントのデート目撃情報がツイッターに書き込まれて騒動になったこともあったが、マスに向けた情報発信がもはやマスコミの専売特許ではなくなったというネット時代を象徴する現象ともいえる。

今回の騒動は、声優のアイドル化が進んだことも関係していそうだが、アイドルや声優に限らず全ての有名人は“国民総芸能リポーター化”した一般人の目を気にしながら暮らさなくてはいけないという現実を浮き彫りにしたといえるだろう。

とはいえ、情報発信には「責任」や「批判される覚悟」が伴うのも事実。行き過ぎた暴露が続けば、やがてファンの間で「犯人探し」が始まり、吊し上げられる可能性もある。いずれにせよ、単なる声優の熱愛暴露という枠にとどまらない、ネット時代の情報発信を考えさせられる出来事といえそうだ。(佐藤勇馬)

画像引用元:スフィア公式サイト
週刊ミュージックレイン Web版

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト