アンドロイドアプリレビュー

少子高齢化の特効薬!!? アダム徳永の「スローセックス」を電子書籍で学ぼう 

10月9日、報道によると政府は年金受給開始年齢を68歳から70歳に引き上げる方向で検討に入った。背景にあるのはニッポンの少子高齢化。現状の年金制度をこのまま続けると政府の財政はパンクしてしまうということらしい。これについて2ちゃんねるではさっそく、

これでデモ起きなかったら日本は終わりだな

長生きさせない画期的な政策じゃね?

70歳で萌えアニメのアニメーターとして働けるか?って話

絶望せざるをえない

と、様々な声があふれているが、絶望なんかしてる場合じゃないだろ。今からでも遅くないからバンバンSEXしまくって、コドモをつくってこの国を建て直そう! というのがEXドロイドとしてのスタンスだ。しかし、一言でセックスといってもとにかくヤレばいいというものではない。

「女性の心と体に対する深い理解があってこそ、本当に気持ちいいセックスができるようになります」と語るのはセックスセラピストとして有名なアダム徳永氏。

男性本位の、射精だけを目的とした、20分足らずのセックス。このジャンクセックスとでも呼ぶべきお粗末なセックスが、悲しいかな今、日本中に蔓 延しています。こんな現状では、女性側から「一度もイッたことがない」「彼のことは好きだけどセックスは気持ち良くない」といった不満の声が出てくるものも当然です。

最近リリースされたスマートフォン向け電子書籍「はじめてのスローセックス」では、そんな氏の持論が展開されている。目次には「キーワードは時間」「女性を満たす戦略」「さわるときは『超ソフト』に」「正しい指の入れ方」「『イッたフリ』は女性のやさしさ」といった項目が並んでいるが、思わずひきこまれてしまったのが、「キーワードは『時間』」という一節。

アダム氏が運営するセックススクールの調査によると、前戯と挿入を合わせても20分足らずというのが日本人男性の平均セックス時間という。

「スローセックスとは、単に長い時間セックスをしましょうといった単純な話ではありませんが、20分が30分に、30分が1時間にと、セックスの所要時間が延長されれば、ただそれだけでも、今起きている、そしてあなたが抱えている問題のいくつかは解決されるでしょう。大胆にいえば、ちゃんと時間をかけて女性のカラダを愛撫する気持ちがあれば、テクニックなどなくとも女性を悦ばすことが可能であるということです」

なるほど。食事もセックスも、きちんと時間をかけてすることが肝心ということか。

ちなみに、「ジャンクセックス」という用語の下の*印をタップすると、「ジャンクセックス---「ジャンクフードになぞらえた造語。愛がなく、ただ快楽だけを追い求めただけの短時間の性向」といった具合にポップアップが表示され、意味を確認できるのが電子書籍ならではの醍醐味。

しかし、驚くのはそれだけではない! 本書は読み進めるにしたがって、より詳しいセックスの奥義、クリトリスやGスポットの愛撫法といった話に進むのだが、徳永氏ご自身が生み出した「アダムタッチ」と呼ばれる愛撫法がイラストで示され、さらには動画でも女性器内部の愛撫法を解説。アダム氏が千人以上の女性で実験して体得したというスーパーテクニックを、スマホの画面で今すぐ学習できるのだ。

そんな具合にセックスについて非常にためになる話がマン載のこの書籍。この手の本は本屋でレジに出すのは気が引けるものだが、電子書籍なら誰にも知られずに購入し、じっくり読みこむことが可能だ。この本を読んで「スローセックス」を身につけ、少子化ニッポンを窮地から救い出そうではないか。(エックスドロイド編集部)

おすすめサイト