アンドロイド関連ニュース

待望のプレステ携帯「Xperia PLAY」をさっそく触ってみた感想!!!

ドコモから10~11月に発売される予定のソニーエリクソンのXperia PLAY SO-01Dが9月15日から開催された「東京ゲームショウ2011」で発表された。さっそくプレイすることができたので、その使用感などをお伝えしたいと思う。

まず、ハードウェアの仕様だが、CPUがQualcommのSnapdragon QSD8255 1GHz、メモリはRAMが512MB、ROMが1GBとすでに発売されている海外のものと同様だ。ディスプレイは480×854の解像度で4インチ。カメラは背面が510万画素、前面に30万画素のインカメラを持つ。テザリング機能はサポートしているが、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信には対応していない。スペックだけを見るなら、購入の選択肢にはなかなか入らない、というのが正直なところだろう。

ゲームのラインナップは充実しており、端末にプリインストールされているソフトが、プレイステーションでおなじみの『クラッシュ・バンディクー』、『みんなのGOLF 2』、レースゲームの『Asphalt 6:Adrenaline HD』、宇宙を舞台にした3Dシューティングの『Star Battalion HD』、ブルースリーの格闘ゲーム『Bruce Lee Dragon Warrior』の5本だ。そのほか年内オープン予定の「Playstation Store」から『I.Q. Intelligent Qube』、『アーク ザ ラッド』、『ワイルドアームズ』といった初代PSゲームが26本提供される。また、GMOが運営する「Gゲー」や、ゲームロフトの「Top HD Games – Gameloft」などとも合わせると計50本のラインナップとなる。ゲームの本数に関してはとりあえずは申し分なしといえる。

残念ながらプレイ中の画面は撮影できないとのことだったので写真はないが、触ってみた感想をお伝えしたい。スライド式のゲームパッドは、やはり小ぶりに感じるが、そこまで持ちづらくはない。ボタンは若干の窪みに配置されており、個々が離れているので誤って押すことは少なそうだ。ただ、方向キー、ボタンがともにかなり硬めで、押した感触はハッキリとしているものの、ボタンの連打はかなりしづらい。

最も気になったのは、中央のアナログ操作のタッチパッド。感触としてはノートPCのタッチパッドに近いが、指をスライドして操作するのではなく、中央の点から見て、押している場所のベクトルと距離で、方向と強さが判定される仕組みとなっている。残念ながらこれが思った以上に操作しづらい。筆者は『Modern Combat 2: Black Pegasus』をプレイしたが、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)に多少慣れていても、右のタッチパッドで視点操作しつつ、左のタッチパッドで移動という段階でつまづいてしまった。しばらく操作しているうちにある程度慣れはしたものの、思い通りに動かない歯がゆさが残った。

続けてプレイした、方向キーとボタンのみで操作できる『デビル メイ クライ 4 リフレイン』は、かなり快適。思った以上に「ゲームしている感」は感じられるし、おそらく極端な長時間プレイでなければ、そこまで指や腕は疲れないだろう。アナログキーを使うかどうかでプレイのしやすさがかなり左右されると思われる。

正直なところ、Xperia PLAYのゲームパッドは絶賛されるべきものではない。長年ゲームに親しんできた人であればとくに不満を感じる要素が目につくと思う。しかし、あくまでゲームパッドはオマケ要素の1つだ。ゲームパッドを閉じていれば「ちょっと重いAndroidケータイ」なのだ。ハードスペックは少々心許ないが、個人的な感想としては、ゲームを主として考えると50点、ゲームを従として考えるなら80点、といった感じだ。多少ゲームが好きで、変り種の端末を欲しているなら、購入を検討してもいいと思う。ただ、回答は得られなかったが、ボタンが効かなくなったときに修理がどの程度迅速に行われるか、など不安な要素もある。かんたんなボタン交換などはドコモショップで簡単に行ってくれるようになっていればいいのだが。

ちなみに、エミュレータアプリがゲームパッドに対応しているかどうかも確認しようと思ったのだが、さすがに勝手にアプリをインストールすることができず、無理だった。もしゲームパッドでファミコンやスーファミのゲームができたらまさに神端末なのだが……。(文・岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト