アンドロイド関連ニュース

ダメ。ゼッタイ。海賊版アプリに手を出すな!!!

当サイトで既報のとおり、先週はついに日本語のアンドロイドアプリにもウィルス感染が見つかった。これからもこのような危険なアプリが出回る可能性は無いのか?

「大いにありますねぇ」と警鐘を鳴らすのは、「Androidアプリ怪しい開発術」(データハウス)で知られるライター・嶋崎聡氏。
「スマートフォンというのは、大切な個人情報が集約されたプライバシーの塊。悪質な業者にとってはノドから手が出るほどおいしい宝の山なんです」という。

「先日話題になったのは、Geiminiというウィルスですが、これは端末から電話番号やメールアドレス、発信履歴などを収集して、第三者のサーバーに貯めこんでいく非常に悪質なウィルス」(同・嶋崎氏)

なんと「端末の位置情報やSIMカードの内容までが盗まれる可能性もある」というから危険極まりない話だ。

では、こういう危険なアプリをインストールしてしまわないためには、どうすればいいのか?

「もしも、有料の人気アプリがタダで手に入るなんてサイトの話を聞いても、絶対にアクセスしないこと。アメリカの人気ゲームアプリで『Baseball Superstars 2010』というのがあるんですが、通常4.99ドルのこのゲームが無料で手に入る海賊版サイトがあって、やはりそれがウィルス混入アプリだった」

おいしい話には裏があるということか。

「そうですね。できることならばお金を払わずに有料アプリを試したいという欲望は誰にでもあるもの。彼らはそんな気持ちにつけこんで悪さをしようとしてるんです」

対策としてはアプリのダウンロードは信頼できるマーケット以外から行わないこと。

海賊版サイトでばらまかれる無料アプリには手を出さない。

ダメ。ゼッタイ。海賊版には手を出してはいけない。

わずかなカネを惜しむばかりに、あなたのプライバシーの全てが悪質な第三者の手に渡ってしまう危険があるのだ。

(文・編集部)

海賊版マーケットでウィルスが混入アプリが配布された「Baseball Superstars 2010

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

Androidアプリ怪しい開発術
嶋崎聡 渡部綾太
データ・ハウス
売り上げランキング: 7130

おすすめサイト