アンドロイドアプリレビュー

電子書籍「地震兵器のタブー」著者の美人魔女ドル・深月ユリアを直撃!!!

東日本大震災発生から5ヵ月。当初からこの地震は震源地が浅いという指摘や、3回の地震が数分の間に連続しているという不自然さから、人工地震説が一部で浮上していた。 また米空母ロナルド・レーガンのあまりに速い救援到着や、米軍が実施した作戦の名称が浦沢直樹の漫画「20世紀少年」を連想させる「Operation Tomodachi」であったこと、他に一部のハウスメーカーの株価が地震前から高騰していたという事実など、奇妙な点が多く見られる。

そうした中、ポーランドとアイヌのハーフで元アイドル、女優としても活動中、慶応大学卒業の才媛で、現在は「魔女占い師」としても活躍する美女がこの説に一石を投じる電子書籍を発表した。

このAndroid電子書籍「悪魔の竪琴〜魔女が暴く地震兵器のタブー〜」で著者の深月ユリアさんは、地震兵器の使用を疑われる物的証拠をつぎつぎと提示し、気象兵器(HAARP)の存在を明らかにし、日本と世界の政治、経済、外交の裏面史を暴露している。衝撃の書を緊急出版した深月さんを直撃した。

————この本を書こうと思われたきっかけは?

地震当日から、揺れ方がおかしいと思っておりました。政府が隠蔽している事柄の研究は高校生の時から続けているので、HAARPの可能性が高いと思いました。日本では残念ながら知らない人の方が多いので、知っている人が「伝える」事の重要性を感じております。

————国際情勢や政治経済について大変知識が豊富ですが、どうやって勉強されたのですか?

高校生の時から興味があり、当時の自由研究や大学のゼミの論文でも、「国際情勢や政治経済の裏」をテーマに取り上げてきました。

————ご両親が魔女の家系を引くポーランド人の母親、そして父親がアイヌのシャーマンの血を引いているということですが、ご自身の霊力に気づかれたのはいつごろのことですか?

昔、病弱で頻繁に入院していたのですが、その時から病院内でよく霊を感じておりました。

————占い師としてご活躍されている一方、アイドルとして活動されていた時代もあるようですが、アイドル時代にいちばん印象に残った仕事は何ですか?

「魔女ドル」として今でも活動する事もありますが、自身がプロデュースしました写真集ですかね。「ホラーエロス」をテーマにし、地下室のようなロケーションで撮影し、部屋には死神の像を置き、生首とキスしたりもしました。

————これまでHAARPを仕掛けた勢力は世界中で民衆を脅かすようなことをくり返してきましたが、彼らに対抗する「正義の組織」はないのでしょうか?

現状は残念ながらないようですね。一部の陰謀論の本では「白龍会」という組織があると書いてますが、それはデマです。一人一人がまずは「知る」「伝える」事が大事かと思います。

————福島をはじめとする東北の汚染が日々マスコミ報道されていますが、この後この地域に住みつづけることは可能でしょうか?

大変危険です。少なくとも福島の方々は避難出来るなら、避難した方が良いです。都内ですら、若者の鼻血が増えたり耳タブに異常が起きたりと、症状が出ています。

————福島原発の放射能汚染(食物汚染を含む)は本当はそれほどたいしたことなく、(誇大な汚染報道は)日本の国力を削ぐためのプロパガンダであるといわれています。それについてどう考えますか?

それこそが、国民を安心させる為のプロパガンダでしょう。私自身、喘息持ちでして、3・11後は体調も悪くなりましたし、都内で福島の野菜を食べた友人は既に病気になりました。

————現政府(菅内閣)は親米政権といわれ、彼らの行う政策はすべて米国の意向に沿ったものであるという言説がネット上で流布されています。今後、彼ら(政府と米国)は何を日本に要求してくると考えますか?

菅は今までの政権と比べると米国の要求を鵜呑みにはしていません。それもあってHAARPが使われました。実行力がないのと、失礼ながら頭が少し弱いので、不適切な政策も沢山ありますが、とにかく米国は菅を退陣させ、より親米な自民党政権を立脚したい、と考えてます。

————地震兵器や気象兵器が今後使用されるとすれば、いつどこで、どのような形での使用を予想しますか?

今、最大の脅威は中国なので、国力を削ぐために再度中国で使用されるかもしれません。

————深月さんが想像する近未来(数十年後)の世界は、このあとどのように推移していくと考えますか? HAARPをもつ巨大な組織に私たちはただ略奪されるばかりなのでしょうか?

預言者的な事はなるべく言いたくないのですが、少なくとも真実すら知らず懐疑心を持たず、マスコミに躍らされている日本のままでは、あまり明るい展望がありません。しかし、占いの世界でも未来へ導く道は少しずつ変わりますので、少しずつ変わる事を願います。

————今回の著書以外の活動でアピールされたい事がありましたら告知ください。

ありがとうございます。「鮮血の黙示録」という主演・脚本・プロデュースした、吸血鬼と終末論がテーマの映画DVDが今年度秋に発売されます。

地震兵器といえば、「トンデモ説」と早計に考えがちだが、この本を読むと、あながちそれを正面から否定することもできなくなる。また万が一今回の震災が人工的に引き起こされたものであったなら、そこにいたる様々な事項をじっくりと類推することは決して無駄ではないはずだ。報道には間違いなく隠蔽された側面が存在し、裏では何者かが暗躍している。表のニュースを詳細に吟味することで真実は見えてくる。そうした意味でも、この「悪魔の竪琴〜魔女が暴く地震兵器のタブー〜」の出版は、人々の思考を根本から問いなおす意義ある内容になっているといえるだろう。(佐々原聡)

Evil Rood 悪魔の十字架 [DVD]
グラッソ(GRASSOC) (2011-03-04)
売り上げランキング: 179459

おすすめサイト