アンドロイド関連ニュース

大人気「ガイガーカウンター自作キット」の実力は!!?

PCには古くから「自作派」という人たちがいるが、ついにガイガーカウンターにも自作の流れがやって来た!家庭用ガイガーカウンターは品薄が続いているうえ、機種によって感度がまちまちだったり、3万円以下の製品は中国製の粗悪なものが多い。だったら、いっそのこと自分で作ってしまおうというのが、この「空気ガイガーカウンターキット」
12,800円と手頃な価格ながら、α線、β線、γ線を計測でき、身近なものの放射線を調べることができる。この画期的なキットを発売した、ビット・トレード・ワンに話を聞いた。

アキバのショップでは、すでに初回出荷分が完売になっていますが?

「次回の出荷は8月中旬になる見通しですが、今までにない売れ行きで驚いています。放射能の影響を心配している人が多いことと、思った以上に自作したいというニーズがあったのだと思います。エステーやJAXAが低価格のガイガーカウンターを発売すると発表したことも追い風になりました」

先週、エステーが15,750円の家庭用放射線測定器「エアカウンター」 を10月から販売すると発表。それを受けエステーの株価が一時ストップ高となるなど話題となった。さらに宇宙航空研究開発機構(JAXA)も放射線の強さを7段階で表示する、2万円の家庭向け線量計を開発。今後もさらに低価格なガイガーカウンターが登場しそうな勢いだ。

このキットは今までの自作キットと比べてなにが違うのだろうか?

「ガイガーカウンターの自作キットは輸入品も含めていくつかあったのですが、センサーであるガイガーミュラー計数管(GM管)を自作するというのは初めての試みだと思います。GM管は福島原発事故の影響で世界的に品薄になっていて、現在、電気街で購入できるガイガーカウンターキットはほとんどありません。原理上は口径を大きくしたほうが感度が高く、自作したほうが市販のものより安く感度の良いものを作れます。弊社のテストでは、5万円程度で市販されているロシア製ガイガーカウンターと同程度の感度を示しました」

自作のガイガーカウンターが本当に正確な数値がとれるのかが気になるところだが……。

「ホビー向けとして販売していますので、数値はあくまで相対的なものと考えてください。動作確認には市販のガイガーカウンターと比べていただくか、カリウムの多い減塩が利用できます。スーパーなどで売られている減塩で、自然放射線の約1.5倍の数値が測定できます」

早速、作った様子をYouTubeにアップ(http://www.youtube.com/watch?v=jrlr4ELjTVg)した人もいるので、参考にしてみてほしい。

ところで、この自作キットの難易度はどの程度なのだろうか?

「自分ではそうでもないと思っていたのですが、アルミホイルの加工やライターのガスを使う点など、周りからは難しいと言われました。ハンダ付けに慣れている人でも、丸一日くらいの作業時間をみていただけたらと思います。電子工作キットを作ったことのある人や、ハンダ付けに慣れている人であれば、きちんと作れると思います」

全32ページの分かりやすい制作マニュアルが付属するほか、マニュアルはネットでも公開されている。また、直販サイトではプラス1万円で製作済みの完成品を購入することもできる。

あくまで実験用としての意味合いは強いものの、今までの自作キットとは一線を画す商品であることは間違いない。さらに低価格ながらUSBポートを搭載し、PCと接続して日々のデータ収集も可能。Windows用のデータロガーソフトも公開されている。
自作キットを作りながらガイガーカウンターの原理を学ぶことができれば、放射能について詳しくなる大きな手助けになるだろう。電子工作に自信のある人は、大人の自由研究として挑戦してみてはいかがだろうか。(秋原とおる)

空気ガイガーカウンターキット(商品紹介ページ)
ビット・トレード・ワン直販サイト

■取扱店舗
秋葉原 三月兎
大阪日本橋 シリコンハウス共立
秋葉原 鈴商

■参考リンク
放射線の正しい測り方 – 鈴木みそ | ブクログのパブー

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト