アンドロイドアプリレビュー

オトコの狩猟本能を刺激するタイピングアプリ「恋打」

スマホとガラケーを比べた時、「スマホは文字入力がしにくい」という声はよく聞かれる。そのせいで、スマホにした途端にメールをする頻度が減ったという人もいるほど。

それを補ってくれるのがフリック入力。例えば「お」を入力したいときに「あ」の文字を長押しすると十字型や扇型に「い」「う」「え」「お」が表示され、「お」に指をフリックさせれば、「お」が入力される。これに予測変換を組み合わせればかなりの速さでメールを打つことも可能になる。

とはいえ、慣れないと手こずるのも事実! そこで、フリック入力を鍛えてくれるアプリがスマートフォン用タイピング練習アプリ「恋打(KOI-UTI)」だ。
恋打
早打ちには自信があるのでさっそく、プレイしてみよう。

「ストーリーモード」に挑戦。「挑発訓練」「風なびく海の街」「ももをもみもみ」の3つのストーリーがある。タイトルもドキドキするが画像をみてもかなり期待できる。
恋打 恋打
では「挑発訓練 ~クラスメートと秘密の特訓~」にチャレンジ。

「キンコンカンコ~ン」という学校の鐘の音と共にゲームがスタート。

写真をめくってストーリーを進めて行く。タイトル画像の右下の「MENU」の少し上にある白い○をタップすると物語が進行していく。転校生である自分がうっかり女の子の着替えを覗いてしまうところから物語がはじまる。

「信じられない! 学校で女子の着替えを覗くなんて最低!」
恋打 恋打
「なに考えてんの?この変態!」

いきなり! 罵倒される。その後も罵倒は続く。罵倒の末に許してくれるように頼んでチャンスをもらう。

「私とタイピングで勝負しなさい。」

そして、タイピングスタート。次々と文字を打ち込んでく。一文字入力なので最初のステージなんなくクリア。クリアすると次のステージに進んでいく。これは楽しい。はじめのステージをクリアする女の子が突然優しくなる。どうやら、ツンデレ少女らしい。これはタマらない。かなりハマる!

こんな楽しいタイピングアプリを作ったIGTに取材した。全体的にはどんなアプリなのだろう?

「少しずつ難しくなるタイピングゲームをクリアしながら、Hな物語を読み進めていくアプリです。制限時間内の入力文字数を競うタイムトライアルもあります。また、150以上の女の子の台詞も音声で再生されます。さらにグラビア&着エロ画像が400以上収録されていて、それだけでも楽しめる内容になっております」

台詞150、画像400枚というのは驚きだ。なぜ、こんなアプリを作ろうと思ったのだろう。

「最初にスマートフォンに買い換えた時、その独特なキータッチに大きなストレスを感じました。そこで無料のタイピングアプリをDLしたのですが、全然面白いアプリが無い。それなら自分で作ろうと考えました。ちょっとHにしたのは、個人的な欲求です」

なるほど。自分が欲しいものがマーケットに無ければ、自分でつくればいい。これが制作者としての正しいスタンスなのだ。他にこのアプリのアピールポイントはどこだろう。

「難関をクリアしなければ、物語を読み進められないという点が面白いと思います。セクシー画像という獲物を狩るため、いつの間にかゲームに没頭してしまいます。この『男性の狩猟本能』を刺激することで、非常に効果的にタイピング技能が向上します。ひと通りゲームをやり終えてみると、意外とタイピングが速くなっていることに気づくと思います」

エロという人間の本能とタイピングを結びつけた欲望刺激型の練習アプリというところか。ところで、開発者の人はどのくらいタイピングが速いのか。

「開発しながら練習を続ける中で、まるで残像拳のように速くなりました。タイピングが速くなり、快適なスマートフォンライフを送ることができるだけでなく、女性と肌を重ねる際に指だけで悶絶させることができるようにもなりました」

なんと残像拳とな! このアプリを極める事で女性まで悶絶させてしまうとは・・・。恐ろしい(笑)。かなり、童貞向きのアプリだが、どんな人をターゲットユーザーに考えているのか。

「特に、スマホの操作に不慣れな方に遊んで欲しいと思っています。スマホは操作に慣れるほど便利になっていくものだと考えておりますので、みなさんのストレス減少のためにお役に立てれば何より嬉しく思います。また、タイムトライアルを試していただくことで、ご自身が世界でどのくらいのレベルなのかをチェックすることも可能です」
恋打
ちなみに筆者はタイムトライアルゲームで全世界総合4位! 同じIME、同じ機種では1位。女性悶絶まではいかないのでもう少し鍛える必要がありそうだ。今後はどんなアプリを作る予定なのだろう。

「来週中に同アプリの英語版をリリースいたします。また、ちょっとHな目覚まし時計、ちょっとHな○○、ちょっとHな××も製作進行中です」

なんと、海外進出まで考えているとは驚きだ! エックスドロイドとしては今後の「恋打」の発展を大いに期待したい。(東川昌弘)

機動戦士Zガンダム バトルタイピングゲーム 初回限定版
メディアカイト (2005-10-14)
売り上げランキング: 1324

おすすめサイト