アンドロイド関連ニュース

発売中のAndroid端末 ネット上の評判は!!? 「G’zOne」「INFOBAR」「MEDIAS WP」 

激戦必至とも言われたAndroidケータイの2011年夏モデルもほぼ出揃い、ユーザーもそれぞれ目当ての機種を手に入れることができたことだろう。iPhoneなどを含めたスマートフォン人気は留まるところを知らず、「BCNランキング」によると、6月の携帯電話の販売台数では、スマートフォンが52.6%と5割を超え、スマートフォンの選択肢が増えたことで、ますますケータイユーザーに定着してきたようだ。

ドコモ、auに関しては、Androidケータイの種類も多く、夏モデルの購入者もじつに悩ましい選択を迫られたことだと思う。当サイトでも「Galaxy SII」、「Xperia acro」については過去の記事『Galaxy SIIを2週間使ってみて分かったことや、『注目のAndroid端末「Xperia acro」 ネット上の評判は!!?などで使用感や評判などをお届けしてきたが、夏モデルのそのほかの機種については、どのような評判かを見ていこう。

G’zOne IS11CA


耐久性を重視したカッコいいデザインと、電子コンパスや温度や潮位などアウトドアに役立つ情報を集めたアプリ「G’s GEAR」が特徴の機種。筆者が触った際はディスプレイが3.6インチとやや小さめに感じたのと左右のボディがタッチパネル操作時に若干気になったものの、さまざまな面で評価は非常に高い。
「スマホなのに男臭い、最高です!!」
「最初はコガネムシみたいで、いいのか悪いのかよくわかりませんでしたが質感というか高級感がじわじわと湧いてきます。」
「防水はこの先ほとんどのスマフォが備えてくるでしょうがタフさはこの機種だけではないでしょうか。」
「バッテリーもとてもよく持ちます、予想外です」
「『戻るボタン』は、やや左寄りに押さないと反応がよろしくない」
などのユーザーからの評価はかなり高い。ほかのスマートフォンにはない独特のデザインとタフネスさに惹かれ、買って使ってみたらますます気に入った、という声が多い。かなり面白い機種になっているようだ。

iida INFOBAR A01

独特のデザイン、といえば外せないのがINFOBAR A01だろう。本体はもちろんのこと、ユーザーインターフェースもAndroidらしからぬ縦にアイコンが並ぶオリジナルのもの。自他ともに認めるデザイン先行機種だが、はたしてユーザーの評判はどうなのか。
「女性の手にフィットするくらいの大きさ。重すぎず、軽すぎず持ちやすい」
「アプリを切るソフト等が解りやすくプリインストールされているので、初心者の人でもバッテリー節約が簡単にできる」
「HOMEと独自UIが使いやすく、定番のHOMEアプリの出番なし」
「デザイン重視でバッテリーを削っているため1日持つかどうかなのでちょっと不安」
など、おおむね高い評価だが、バッテリーに関してはやや難ありという意見が少なからず見られた。とはいえ「後継機種が出るとしても数年後なので、迷うくらいなら買っとけ!」というもっともな意見も。デザインに惚れたなら少々のことには目をつぶれる!?

MEDIAS WP N-06C


前モデルの「MEDIAS N-04C」はXperia arcとぶつかり、今回もまたGALAXY S II、Xperia acroという大物とぶつかり、不運な印象があるが、赤外線通信、ワンセグ、おサイフケータイの三種の神器に加え、防水、テザリングOKという機能性が魅力の機種となっている。
「薄くて軽いので持ちやすい」
「ATOKが初期搭載なので文字変換が楽」
「最初は強制再起動が起きていたが、アップデート後はなくなった」
「最大音量にしても周りがにぎやかだと通話が聞き取りづらい」
など、大絶賛とまではいかないものの、まずまず問題なく使えている模様。ただ、通話音量などは店頭で実際に触ってみるときでもあまりチェックしないところなので、買ってから苦労する要因となってしまっているようだ。

個人的にはG’s Oneの評判のよさに驚いた。男臭いデザインはユーザーを選ぶが、存在感、使い勝手など、さまざまな面での高い評価はauユーザーならずとも要チェックか。INFOBAR A01、MEDIASも一長一短だが、少なくとも「ハズレ」という声はほとんどなかった。まだ発売直後ということもあり、それぞれ使い込んでいくことでさらに違った評価になるだろうが、いずれも2011年夏モデルの中では選択肢に入れてもいい機種といえそうだ。(文・岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト