アンドロイドアプリレビュー

乱立する「花火大会アプリ」 一番使えるのはどれだ!!?

自粛ムードも一段落しつつある昨今、アンドロイドマーケットには今、時ならぬ「花火大会アプリ」ブームが吹き荒れている。今回エックスドロイドでは「花火Walker 2011」「じゃらん花火特集」「るるぶ花火特集」の3つのアプリを比較してみた。

まず「花火Walker 2011」から見ていこう。このアプリの特徴は情報量が充実しているということだ。提供は角川書店発行のウォーカーシリーズ。全国各地のイベントやデートスポットを追いかけてきた老舗雑誌ということで、情報は早く正確で、このアプリにも全国の花火大会がきめ細かく掲載されている。使い方も簡単で設定から都道府県をチェックし、「日付」や「現在地」、「花火の打ち上げ数」、「路線から探す」などの機能をつかって、好みに応じた大会を検索することができる。

また行きたい花火大会をタップすると、開催場所やアクセス方法、有料席情報、問い合わせ先などを知ることもでき、中止になった大会も一覧表示されるので、とても便利だ。特にオススメなのが「開催速報」サービスで、これは当日に運営委員会から発表される開催の是非をいち早くお知らせしてくれる。だから大会当日が雨模様の天気でも、出かけるかどうか迷うことはないだろう。ユーザーからの評価は3つのアプリの中でもっとも高く4.6。ダウンロード数も1万を越えていて、レビューにも賞讃の声が寄せられている。

「他のアプリに比べて軒数が一番多い気がする。素直に便利」
「すごい便利!行きたかったとこがことごとく中止なのがわかった」
「サクサク検索できた」「便利です」「使いやすい」


つぎに紹介するのは、リクルートが提供するAndroidアプリ「じゃらん花火特集」だ。こちらも全国の「花火大会」を日付や行先、地図、打ち上げ数などから検索できる。そしてこのアプリが優れているのは、これとは別に「じゃらん」「ホットペッパー グルメ」「ヘアサロン検索-ホットペッパービューティー」アプリをダウンロードし起動することで、会場周辺の宿を予約できたり、飲食店、浴衣着付け可能なヘアサロンを検索することもできるのだ。この機能を利用すれば、泊まりがけの旅先で彼女の浴衣姿を眺めながら、花火を楽しむこともできるだろう。

最後はJTBが提供する「るるぶ花火特集2011」を紹介しよう。このアプリも現在地や地図、開催日から全国の花火大会を検索することができる。またこのアプリの特徴は各地のマイナーな大会情報までを掲載しているということだ。ただ難点をあげるとすれば、読み込みに時間がかかり、頻繁に強制終了してしまう。動作環境、操作性があまりよくないため、そのあたりの改善が望まれる。

以上3つを比較して一番使えると感じたのは、「花火Walker 2011」だ。アプリのつくりから操作性、情報の精度にいたるまで、パーフェクトと言っていい仕上がりだった。このアプリだけで今年夏の花火大会はほとんど網羅できると思うが、「じゃらん花火特集」アプリも併用して宿泊施設や飲食店を調べたり、ややマイナーな大会情報を知りたいときは、「るるぶ花火特集2011」アプリを利用してみるのもいいかもしれない。(佐々原聡)

post-16973_t

花火Walker 2011

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,交通/地図/旅行
価格 無料
デベロッパ名 KADOKAWA MARKETING Co.,Ltd.

おすすめサイト