アンドロイド関連ニュース

誹謗中傷も笑いに変える!!! 劇団ひとりTwitterに見る「芸人力」

6月から“公式炎上用アカウント”のTwitterを開始した劇団ひとり。当初は、テレビ番組で「けいおん!」のフィギュアに噛り付いた事件への批判を受け止めるためのアカウントだったが、ユーモアあふれるコメントが好評を博し、7月9日現在でフォロワー数10万3千人を超える人気アカウントに成長している。

芸能人アカウントの中でもトップクラスの急成長アカウントだが、一部のユーザーからは批判が寄せられているらしく、特に悪質なユーザーたちはブロックしていた模様。
しかし、フォロワー10万人を突破した7月6日、劇団ひとりは「本日はフォロワー数10万人突破記念特別企画としまして『全ブロック解除~それでも僕は人を信じたい~』を行います。過去のブロックは既にリセットさせていただきました。今度こそ上手くやれるはず」とツイート。これまでのブロックを全て解除し、中傷してきたユーザーたちと和解しようという姿勢を見せた。

早速、一部のユーザーから「太っ腹だな。奥さんブスだけど」「よう見たら結構変な顔やな」「胃が荒れてて口が臭そう」などというネタとも本気ともとれる誹謗中傷が殺到。これに対して「それでも人を信じたい。。。」と我慢していた劇団ひとりだが、あるユーザーの「きえろ」「かすはてめえだ」という発言に対しては「それでも人を信じたい。。。チッ、クソがき。。。」とホンネをポロリと露呈した。

さらに誹謗中傷は続き、「ゴミ。東京からされ。消えろ」と言われた劇団ひとりは「『ゴミが東京からなくなりますように』という彼の切実な願い。確かにゴミ問題は深刻です。まず一人ずつができる事をやっていきましょう」とうまくかわしたが、続いて別のユーザーが「何が『ゴミ』かは人それぞれの価値観なので難しい問題ですよね。ちなみに劇団ひとりは僕にとっては間違いなくゴミです。今すぐ東京湾に埋まれ」と発言。さすがに激怒するか無視を決め込むかと思いきや、劇団ひとりは「東京湾を汚すな!」と斜め上の方向から一喝し、見守っていたフォロワーたちをうならせた。

最近は、本気で劇団ひとりを誹謗中傷しているユーザーと、あまりに劇団ひとりの返しがうまいことからネタとして中傷コメントを投下するユーザーに分かれているようだ。

普通なら相手にするだけでも大変だが、自身も楽しみながら全てさばき切る技量は、さすが人気芸人といったところだろう。意外な着眼点の文章とうまい返しによって着実にフォロワー数を増やしている劇団ひとりのTwitterに今後も注目だ。(佐藤勇馬)

関連記事:劇団ひとり Twitterで爆笑・太田のニセ者を告発!!!
2週間でフォロワー6万人 劇団ひとりのTwitterの内容

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

劇団ひとりの匠探訪記 (完全版) [DVD]
Victor Entertainment,Inc.(V)(D) (2008-03-26)
売り上げランキング: 37392

おすすめサイト