コラム

究極のスマホ充電対策!!! 最強のモバブー購入ガイド

Galaxy SIIやXperia acroなどの最新Androidスマートフォンを買った人も多いと思うが、すぐに気になるのがバッテリーの問題。使い方にもよるが、数時間程度でバッテリー残量がなくなってしまうこともあり、スマホユーザーにとって長年、悩みの種になっている。
当サイトではかつて「スマホユーザー必見 最強のモバブー購入ガイド!!!」でポータブルバッテリーの代表格モバイルブースターの実測テストを実施。その際は大震災の約1ヶ月半後ということもあり、どこも品薄でかなり値上がりしていたが、先月あたりからようやく値段が落ち着いてきた。
そこでスマホ向けモバイルバッテリーを徹底リサーチ。これから買うなら、やっぱりサンヨーのモバブー?それともライバル製品?それぞれの長所と短所を比較した。

まずスマホを2~3回充電できる大容量の「5,000mAhクラス」から。少し大きめだが、実際に使ってみるとバッテリー切れを気にしなくていい安心感がある。毎日バッテリーが足りなくて困っているという人や、タブレット端末に必要な1A出力が必要な人は、このクラスの製品を選ぶべきだろう。またUSBポートが2つあるので、携帯ゲーム機や音楽プレーヤーなどモバイル機器を多く持っている人は同時に充電できるメリットもある。

三洋電機 KBC-L2BS(eneloop mobile booster)
重量:137g
実勢価格:4,000~5,000円
オススメ度:☆☆☆☆☆
スマホユーザーにとっての最定番商品。信頼のエネループブランドと5,000mAhの大容量で安心して使える。ハイパワーの1A出力に対応し、iPadやGALAXY Tabなどのタブレット端末でも利用可能。micro-USB用アタッチメント同梱。iPhoneユーザーにも人気があり、一番売れている商品。
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS
パナソニック QE-PL201(Charge Pad リチウムイオン5400)
重量:150g
実勢価格:4,000~5,500円
オススメ度:☆☆☆☆☆
2週間前に発売されたばかりのパナソニック版モバブー。カラーが白と黒から選べる。モバブーのOEMのようなものだが、サンヨーは完全子会社化されたので正確には別ブランド展開になるのだろう。無接点充電の国際標準規格「Qi(チー)」に対応し、充電パッド(別売り)に”置くだけ充電”ができる。モバブーより若干重いが、ほとんどの場面でカバンに入れておくものなので大差ないだろう。容量は400mAh増加している。
他製品にはない特徴として1.5A出力に対応。スマホの充電時間が短縮されたり、2台同時接続時に安定して使える。将来性はモバブーより優れている。
パナソニック USB対応モバイル電源パック (ホワイト) QE-PL201-W パナソニック USB対応モバイル電源パック (ブラック) QE-PL201-K

ソニー CP-A2LS(サイクルエナジー)

重量:約145g
実勢価格:3,000~4,000円
オススメ度:☆☆☆☆
容量が上記2機種より2割少ない4,000mAhだが、その分、実勢価格が1,000円ほど安い。USBを2ポート備え、1A出力にも対応。ACアダプターユニットと一体化するので持ち運びしやすい。欠点としては、パソコンなどのUSBポートから充電できず、ACアダプターユニットを使っての充電しかできない。またmicroUSBケーブルは付属しない。「CP-A2L」は型番が違うだけで同一製品。
小型モデル「CP-AL」は容量が1120mAhと少ないためスマホ1回分の充電もできず、あまり人気がない。こちらが主力製品。
SONY スマートフォン用USB出力(2口)機能付 ポータブル電源(高容量リチウムイオン) CP-A2LS

次に、スマホを1~2回充電できれば十分という人向けの「2,500mAhクラス」。大容量タイプより小さく軽いので、スマホに接続しながらポケットに入れても負担にならないのがメリットだ。

三洋電機 KBC-L3AS(eneloop mobile booster)
重量:75g
実勢価格:3,000~4,000円
オススメ度:☆☆☆
ACアダプタが付属しないので、PCなどのUSBポートから充電するか、iPhone向けのUSB用ACアダプタが必要。microUSB変換アダプタは付属しない。値段が大差ないのであれば、下記の新しく出たパナソニック版にすべき。
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用リチウムイオン電池使用) KBC-L3AS

パナソニック QE-PL101(Charge Pad リチウムイオン2700)

重量:約85g
実勢価格:3,000~4,000円
オススメ度:☆☆☆☆☆
モバブーの標準タイプのパナソニック版。2週間前に発売されたばかりで、モバブーのブランドをパナソニックに変えた新製品。カラーが白と黒から選べ、無接点充電「Qi(チー)」に対応。容量も200mAh増加している。ACアダプターが付属し、1A出力も可能になるなど、あらゆる点でモバブーの旧製品「KBC-L3AS」から進化している。大容量タイプが重すぎると感じる人にとってはベストな選択。
パナソニック USB対応モバイル電源パック (ホワイト) QE-PL101-W パナソニック USB対応モバイル電源パック (ブラック) QE-PL101-K

NTTドコモ ポケットチャージャー 01

重量:約75g
価格:1,890円
オススメ度:☆☆☆☆
ドコモから発売された製品だが、USB規格なのでキャリアを問わず使える。1A出力にも対応。無接点充電には対応しないが、パナソニック版モバブーとほぼ同じスペックでおよそ半額。充電はUSB経由のみで、microUSB充電ケーブルを同梱。ドコモポイントが余っている人は、ドコモショップでポイントを使って購入できる。さらに、無接点充電にも対応した大容量タイプ「ポケットチャージャー 02」が8~9月に登場予定。
ポケットチャージャー 01 | 製品 | NTTドコモ
前回の記事の際にはあまりに入手困難で、掲示板に「モバブー在庫あり。残り○台」などと情報が交わされていたほど。それに比べると現在は選択肢も増え、在庫も豊富。スマホ向け外部バッテリーがほしいと思っていた人は、今が買いどきといえそうだ。(秋原とおる)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト