アンドロイド関連ニュース

嵐の発言で「スマホvsスマフォン論争」も勃発!!? 各社アンドロイド端末夏のCM

過去最高の端末数が発売となった2011年夏モデルのAndroidケータイ。テレビでも盛んにCMをやっているが、気になるCMをピックアップしてみたぞ!

Optimus blight L-07C(ドコモ)
韓国のLGエレクトロニクスから発売ということで、CMにはK-POPアイドルの代表選手のKARAを起用。シングル曲「GO GO サマー!」とタイアップし、公式サイトでは彼女たちのオリジナルムービーがつくれるスペシャル企画がはじまるなど、かなり力が入っている。CMでは夏の海をイメージして「明るい外でもよく見える」という最大のメリットを強調している。赤外線、ワンセグ、おサイフケータイは未搭載という具合に心許ない点もある端末だが、タッチネルの動作は非常に快適。実は隠れ良機種のOptimus blight。世界最高輝度のディスプレイという突出した利点がCMではうまく出ている。


評価:★★★★

GALAXY S II SC-02C(ドコモ)
指がウニョウニョとリズムに乗って動く、速さを強調したCM……なのだが、指が虫みたい(とくに最後の端末を指が囲んでいるシーン)で正直見ていて気持ちのいいものではない。たしかに動作は軽いのは間違いないし、筆者も発売以降愛用しているが、デュアルコアCPU搭載などのスペックを前面に出すか、イメージ的なCMの方がよかったような気も。あのCMを見て買おうと思う人はさすがに少ないだろう。しかも、よほど自信がないのか、ホームページですら公開していない。もはやCMの存在自体が謎。
評価:

Xperia acro IS11S(au)
レディーガガの「Born This Way」に乗って、キューブ状になったXperiaが舞うCM。メッセージは「Android au」と「Xperia the future」のみとシンプルだが、これはもう、来日会見で涙を見せたシーンがワイドショーで流れまくって日本人の心を鷲掴みにしたガガ様をイメージキャラクターにしていたauの大勝利。あらゆる世代で好感度急上昇のガガ様ってだけでCMの効果はバツグンだ。リトルモンスターならずともXperia acroを買ってしまいそうになること間違いなし! 9月末までキャリアメール使えないけどね!!


評価:★★★★★

AQUOS PHONE IS11SH(au)
「Android au with Google」とまるでGoogleがオマケかのように散々言いまくったおかげで、事情に疎い人には「Androidはauのもの」みたいなイメージを付けてしまったau。それだけですでに納得のいかないモヤモヤした印象を抱かせているのだが、今度はCM上で嵐の某メンバーがスマートフォンを「スマフォン」と表現。略称はスマホ? スマフォン?と一部のネット上では略称を巡って論議が勃発し、またしてもモヤモヤ感が。これが気になってCMどころではないです。もうスマホで統一しましょうよ!
評価:測定不能

(岡嶋佑介)

画像引用元:
Optimus bright KARAスペシャルサイト http://www.optimus-kara.jp/
Xperia acro ソニーエリクソン http://www.sonyericsson.co.jp/product/au/is11s/index.html
Android au http://android-au.jp/

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト