アンドロイド関連ニュース

加藤ローサと電撃婚した松井の勇姿をアプリで見る!!?

サッカー日本代表のMF・松井大輔(30)が、女優・加藤ローサ(26)との“出来ちゃった結婚”を発表した。今年に入ってから共通の友人を通じて知り合ったという二人だが、松井は当時フランス2部リーグ・グルノーブルのレギュラー選手であり、日本とフランスに離れての遠距離恋愛を実らせた形だ。

交際6ヶ月なのに加藤ローサは既に妊娠4ヶ月という事実も明らかになり、一部ファンからは「少ないチャンスを速攻で決めるとは、さすが松井だ」との賞賛(?)の声も上がっている。

フランス2部のグルノーブルで活躍していた松井だが、同チームは成績不振により3部への降格が決定。ただでさえ、2部では日本での報道が僅かだというのに、3部に降格となれば松井の海外での雄姿を見ることができなくなるとファンを心配させた。しかし、来季から松井は1部に昇格するディジョンに移籍することが決定し、再び1部リーグでプレーすることになった。年齢的にもピークを保てる期間は長くないと思われるだけに、新しい家族と共に欧州でサッカー人生をまっとうする覚悟を決めた松井の今後に注目が集まっている。

そんな松井の日本代表での雄姿を、臨場感あふれる写真によって振り返ることができるアプリが『アジアカップ(2011) /サッカー通信Graphic』だ。


日本が見事に優勝を果たし、ファンを熱狂させた今年1月のアジアカップを、130枚の豊富な画像と試合結果、フォーメーション図、試合模様のコメントによって手のひらの上で回顧することができる。詳細なデータはもとより、何よりも報道写真だからこその臨場感とプレーの決定的瞬間を収めた画像の多さが魅力といえるだろう。

とはいえ、このアジアカップで松井はシリア戦で負傷し、準々決勝を前に無念の代表離脱をしている。シリア戦では見事な先制アシストを決めて存在感を光らせたが、大会自体は松井にとってはあまり良い思い出ではないのかもしれない。だが、この時の悔しさがあったからこそ、第一線に舞い戻るために所属チームの降格という逆境に負けず、再びフランス1部リーグでのプレーを実現させたという意見もあり、そういった意味でもアジアカップは松井にとってもファンにとっても特別に思い出深い大会であったといえる。

サッカー通信 Graphic』は、代表戦だけでなく天皇杯やヤマザキナビスコカップなどを収録したシリーズをリリースしており、代表ファンだけでなくJリーグを応援する全てのサッカーファンにとって要注目のアプリといえるだろう。(佐藤勇馬)

post-14745_t

アジアカップ(2011) /サッカー通信Graphic

価格 ¥450
デベロッパ名 NEC BIGLOBE Ltd.

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト