アンドロイド関連ニュース

リアル過ぎて発禁になったApple創業時代を描く漫画

アップルの創業者、スティーブ・ジョブスとスティーブ・ウォズニアックの若き日を描いたマンガ「スティーブズ」がパブーで無料公開され、ネット上で話題となっている。もともとこのマンガはiPhone版アプリが作られていたが、アップルにリジェクトされたといういわく付きの作品。物語は2人のスティーブがApple Iに使うDRAMを手に入れるため、インテルに殴り込みに行く姿が描かれている。
パブーの内容紹介によると、「Appleの担当者には『リアルAppleストーリー、リアルAppleイメージだからダメ!』とリジェクト理由を説明されました。やった! ということは、リアルさは、Appleのお墨付き!!」と書かれている。これはぜひ詳しく聞いてみたい、ということで、作者のうめ・小沢高広先生から話を聞くことができた。

――iPhone版アプリのリジェクトについて
リジェクトされたのは昨年の5~6月です。出す段階で五分五分だろうと思っていました。僕は直接、説明を受けていませんが、アプリ開発者が電話でリジェクト理由を確認しています。
最初から審査についてギリギリだね、と話していて、製品名などは使わないようにしていたのですが承認されませんでした。

――審査基準を知っていて、なぜこの内容にしたのですか?
iPhoneで出す以上は、iPhoneで出す意味のあるもの、2人のスティーブに関するストーリーがおもしろいのではないかと思いました。もともとma2さんの原作を読んでいて、ああいう熱いキャラクターが好きなので、ma2さんに「マンガにしたい」、「マンガにするから」と話をしていたんです。

――内容を変えてリベンジしなかったのですか?
まだiPadが出る前で、電子書籍をiPhone向けアプリで出す動きがあり、当時はまだ意味があったのですが、その後、iBooksが始まったり、電子書籍も広まってきたので、別の内容に変えてアプリを出そうとは思いませんでした。

――これは描き下ろしですか?
2010年にマンガをKindleで配信してから、ずっと電子書籍について動いていて、この作品は余力の部分、Google社員が仕事とは関係のないことを20%しなければならないルールと同じように、将来の可能性があることをやってみる取り組みのなかで描き始めた作品です。
一度だけ電書フリマで販売したことがありますが、世に出たのはそれだけですね。この一作だけの短編ではなく、もっと長編になる予定です。

――早速、マック雑誌から連載依頼があったようですが?
前向きに考えています。ただ、描き下ろしが売れないと電子書籍の未来はないと思っているので、今後、新作を電子書籍として出す可能性も検討はしていきたいです。

――アップルの審査については?
コミックでアップルのロゴがあっただけで配信できないという話を聞いたことがあります。ただ、審査する側も公平にやらなければならないので、主観的に「これはアップルに好意的だからOK」とはできないのだと思います。現状がベストとは思わないですが、理不尽だとも思いません。将来的には、もう少しうまくバランスのとれたものになってくれるといいなとは思いますね。

現在、パブーに公開されている「スティーブズ」は、公開後わずか4日で、すでに95,747アクセス(6/20 15:00時点)に達しているという。ちなみにPDF版も公開されているので、Android端末でも美しい画面でサクサクと読むことができる。
作者のうめ氏は雑誌「コミックバーズ」で下請けの弱小ゲーム会社を舞台にした「大東京トイボックス」を連載中。ゲームの暴力表現に対する規制や非実在青少年の話題などゲーム業界の裏話も多数紹介されていて、コンテンツ業界に関心のある人は読んでおいて損のない作品。今回の「スティーブズ」を読んで興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。(秋原とおる)

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト