アンドロイドアプリレビュー

受験生のバイブル「山川出版社」の歴史問題集がAndroidアプリで登場!!!

日本史、世界史の定番参考書として受験生に長年愛されてきた山川出版社の一問一答シリーズがアンドロイドアプリに登場だ。

ここでは日本史一問一答について解説しよう。まず、このアプリは13の章にわかれていて、第一章の「日本文化のあけぼの」から、最終章の「激動する世界と日本」まで4500問を収録。価格は600円だが、この値段でこのボリュームの参考書が購入できるのはとてもうれしい。

使い方は、問題に一問一答形式で答えるものと、四択モードの2つが選べる。また問題の抽出条件や難易度も設定でき、たとえば三段階にわかれた問題の中から最重要用語のみを抽出して学習したり、履歴から正解率の低い分野を集中的に学習することも可能。それでは実際に問題に挑戦してみよう。筆者はすでに現役を退いて15年以上たっている。なのでここは無難に四択モードを選択。


「1945年に、連合国50カ国が国際平和確立のためにサンフランシスコ会議を開いたが、その席上採択されたものを何というか」
1945年といえば終戦の年、「ポツダム宣言」に決まってんじゃん!と調子にのってタップすると、効果音とともに「×」が表示され、正解の「国際連合憲章」のところに「○」がついた。ここで正解に納得がいかない場合は、下の「解説」ボタンを押してみよう。するとこの答えに関する解説が表示される。

また受験生や歴史に強いユーザーは一問一答形式でハイレベルに学習してみよう。設問にスラスラ解答できるようになれば、難関校突破は確実だ。他にこれまで学習した分野の成績をみることもでき、習熟具合がつぶさにわかる。先に触れたように問題集は日本史だけではなく、世界史もある。形式はまったくおなじで、こちらも大満足な内容となっている。 

とにかく問題が豊富で操作性がよく、サクサク設問にとり組むことができるので効率的に学習できる。高校生だけではなく、歴史好きな社会人や一般教養を身につけたい人にこのアプリはピッタリだ。(佐々原聡)

post-12693_t

山川日本史一問一答

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,電子書籍
価格 ¥600
デベロッパ名 Imagineer Co.,Ltd.

おすすめサイト