コラム

AndroidならiPhoneよりも安く買えるアプリまとめ

5月12日、ウェブ版Androidマーケットがリニューアルされ、国別のランキングが表示されるようになった。ランキングは有料アプリ、無料アプリのほか、売り上げランキングも表示され、アプリを提供する側にとっては販売のための重要なデータを得られることになる。ちなみに売り上げランキングを見ると、105円などの安いアプリよりも、数百円程度のアプリのほうが売り上げを伸ばしていることがわかり、ユーザーから見てもなかなか興味深い。

ランキングを眺めていると、あることに気付く。どうも同じアプリなのにAndroid版のほうがiPhone版より安い気がするのだ。気になったので調査してみると、ランキング100位のアプリのうち、iPhoneでも販売中のアプリは31本。そのうち19本でAndroid版のほうが安く、9本は同価格、iPhone版が安いアプリは3本だけだった。
数十円だけ違うアプリもあれば、700円以上も違うものも。なかにはAndroid版が半額近いアプリも存在する。なぜこういうことが起こるのだろうか。

某アプリ開発者によると、「AndroidとiPhoneで同時に発売しても、iPhoneのほうが販売数が伸びるので、苦戦しがちなAndroid版は安めに設定することが多い」という。

「現状のAndroidマーケットはまだまだ発展途上。有料アプリを購入するためにはクレジットカード情報をマーケットに登録する必要があるが、スマホ初心者のうちこのハードルを超えている人はまだまだ少数派だと思う」とのこと。たしかに音楽マーケットもあるiTunesストアと比べると、Androidマーケットにクレジットカード登録をしてもアプリしか購入できないし、ウェブマネーやプリペイドカードにも対応していない。
人気ゲーム「Angry Birds」はiPhone版が105円の有料アプリ(無料体験版あり)だが、Android版を広告入りで無料としているのはそうした理由からかもしれない。いずれアンドロイドの市場が成熟すれば、こうした違いはなくなっていくと考えられる。

この状況がいつまで続くのかはわからないが、少しでもアプリを安く買えるのはAndroidユーザーとしては素直に喜びたい。マックユーザーは同じアプリでもウィンドウズより2割高いとか、バージョンが一つ古いとか、そもそも対応していないという経験を度々しているが、よもやスマートフォンでも似た光景が始まっていたとは驚きだった。
いずれiPhoneアプリにもアップルプレミアムと呼ばれるような差額が生じるのかもしれない。Androidユーザーで良かったと思う次第だ。


主なAndroid版のほうが安いアプリ

Akinator 185円 230円(iPhone)

ゲーム発展国++ 260円 450円(iPhone 115円セール中)

パチスロ 新世紀エヴァンゲリオン~魂の軌跡~ 777円 1300円(iPhone)

ガイラルディア2 399円 450円(iPhone)

ガイラルディア3 399円 450円(iPhone)

CamCard(名刺認識王 日本語+中国語+韓国語 979円 1,700円(iPhone)

ZENONIA 2 81円 230円(iPhone 115円セール中)

Modern Combat 2: Black Pegasus 571円 800円(iPhone)

Jet Car Stunts 170円 230円(iPhone)

Midomi SoundHound ∞ 407円 800円(iPhone)

Refills for Android 980円 1200円(iPhone)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト